Search


2009年01月30日

続・チキン野郎・・・

ど~も~雫石デス。

前回、ワタクシの腎臓結石の話しを書きましたが、その後のIP検査の結果もふまえた続編デス・・・

結局、2㎝の大きな結石の他に5㎜の結石が途中まで落ちてきていると前回のブログでは書きましたがIP検査の結果、その5㎜の石は尿路には無く尿管の側にある静脈?の所の石灰化したモノ?とかでお医者さんいわくほっといてイイものらしいのです

なので、当初は結石を粉砕した時に5㎜の結石がジャマをしてしまうという事で落ちてくるのを待っていたのですが、IP検査により2㎝の巨大結石を粉砕したとしても特に問題がないとの事で、とうとう体外衝撃波(レーザー)で結石を粉砕する事が決まりました・・・・

結石自体かなり大きいので1回の粉砕では終わらないらしく、最低でも5回はしないとダメだろうとお医者さんは言っていて、その度に1泊入院するらしいデス(泣)

そして、粉砕するにあたり、砕けた石が尿道などに詰まらないように尿道を広げる為に、“ステント”というチューブを尿道に入れるらしいのですが、それが要は、オ〇ン〇ンの先から麻酔なしで入れるらしくかなり痛いとの事・・・しかもすんなりいっても10分位かかると・・・

さらに、そのチューブは数ヶ月の間入れっぱなしだと・・・

万が一結石が途中で詰まると、腎盂炎とやらになって高熱がでて、最悪は死に至るとかでチューブは必須アイテムらしいです

結石の粉砕自体は30~40分位で大体3000発程レーザーを打ち込まれるらしいデス

もう今からかなりビビッてます

ちなみに、1回目の粉砕日は3/10でお店の連休を利用してやってきます

え~皆さん、ワタクシの術前に是非とも御来店頂き、優しく“大丈夫だよ”と励まして下さい・・・

皆さんの励ましを支えに3/10は腹をくくって体外衝撃波に望みたいと思います

%E9%9B%AB%E6%B3%A3.jpg

2009年01月23日

チキン野郎・・・

雫石デス。

今回はワタクシの現在抱えている病気?について少しお話しを・・・

何人かのお客様にはお話ししていますが、現在ワタクシ腎臓結石を患っております (T T)

そう、それは2006年の9月の出来事でした・・・

ある、とても忙しい日に“あ~疲れた疲れた”と夕方頃にトイレに行ってオシッコをした時、「ん?オシッコの色がまるで午後の紅茶ストレートじゃん?」とかなり赤味を帯びたオシッコが出まして、初めは“疲れてるから濃い目?”なんて気楽に思っていたのですが、次の日の朝にトイレに行った時には「え~午後の紅茶ストレートがさらに濃くなってんじゃ~ん!」ってな感じで、そこで初めて“血尿”と気づきました・・・

そして病院に行って診てもらった所すぐに

「腎臓結石だね」

と言われその日からワタクシと結石ちゃんの付き合いが始まったのです

が!!!

2006年9月~現在に至るまでさっぱり結石が出て来ません・・・度重なる結石からくる腰の激痛と闘いながら日々仕事をしているのですが、なかなか出て来ません

お医者さんは「出てくる大きさだからその内出て来るよ」とは言うもののさっぱり出ないまま2年が経ち、昨年12月にトンでもない事が判明しました!

当初は6~7㎜位の結石と言われていたものがなんとビックリ2㎝BIGサイズに・・・

ハイ、はっきり言って絶対自然には出てこないサイズ

しかもなんで6~7㎜のモノが急に2㎝に大きくなったかと言うと、ズバリ通っていた町医者の見落としが原因でした・・・

そして、大きい病院を紹介され2007年5月に撮ったレントゲンをもう一度よく見てもらった所、その時すでに1.5㎝あったとのことです

通常、尿道の直径が平均8㎜位らしく、2007年の時点でとっくに出てこないサイズだったみたいで、それを放置したが為に2㎝に育ってしまったみたいです (T T)

結局、結石があまりにも大きい為、レーザーによる粉砕をする事になったのですが、実は現在もう一つ5㎜程の結石が膀胱の手前まで落ちてきていてそれが出てから粉砕をする事になりました

諸々の詳しい検査をするにあたり、先日病院でIP(経静脈性尿路造影)検査というものをしてきました

いわゆるCTスキャンみたいなもので、造影剤を注射された後、数分おきに何度か患部を撮影するというもので、その時の撮影前に緊張でブルーになってるワタクシの写真デス

緊張のあまり目がいっちゃってるので目はモザイクを入れました


IP%E6%A4%9C%E6%9F%BB.jpg

撮影は30分程で何とか無事に終わったのですが、ワタクシ小心者の為、未経験の“検査”というものにとても緊張してしまいます

なので、結石をレーザーで粉砕する時は緊張で気を失ってしまうのではないかと今から心配で、もしどなたかレーザーでの粉砕を経験済みの方がおりましたらどんな感じだったかを御来店の際に優しく、怖くないように教えて下さい

事前に心の準備をしておきたいもので宜しくお願いいたします m(_ _)m

何か進展があったらまたブログにてご報告したいと思います

2009年01月16日

This is japanese “MIDORI GAME”

%E4%BA%80.jpg

雫石デス。

今回の商品?はミドリガメちゃんデス

このミドリガメはウチで飼ってるものではありません

ワタクシの嫁の実家で飼っているもので、かれこれ6年程前でしょうか、嫁のお兄さんがお祭りの縁日で買ってきて以来ずっと嫁の実家に居候しています

写真の甲羅に乗っかっているのはワタクシが使っているZIPPOライターなのですが、買ってきたばかりの頃はZIPPOと変わらない大きさだったのに、正月に嫁の実家に行く度に成長していて気がついたら20cmくらいでしょうか?かなり大きくなりましたね

ミドリガメは30~35cm位まで大きくなるらしいので、まだまだ大きくなるかも知れませんね

ちなみに、ワタクシがまだ5歳くらいだったでしょうか、やはり縁日で小型のウサギを親にねだって買ってもらい、飼った事がありました

小さい時のことですが、近くの公園の芝生で遊ばせたりして、初めてのペットですごく喜んだ記憶があります

がしかし、なんとそのウサギちゃんはなんと残念な事に1週間居たでしょうか、その辺の記憶は曖昧なのですが、あっという間に死んでしまったのです(T T)

原因は今でも忘れません、母親がエサに生米を食べさせたせいで下痢をしてしまい、そのまま衰弱して死んでしまったのです。その時はすご~く悲しくてかなり泣きました

そして、そのウサギの遺体を当時家のすぐ裏に山がありましてそこに泣きながら埋めたのですが、その時親戚のオジサン(母の弟)がその子供のワタクシを目の前にして

「ウサギ鍋にでもすればいいのに」

と言い、えらい勢いで母親に怒られていたのを覚えてます

まあ、ペットを飼ってらっしゃる方も多いと思いますが、どんなペットでも亡くなる時は悲しいもんですね

そこにいくと何せ亀は万年生きるらしいですから、亀を飼ったらその悲しい思いをしなくていいのかも知れませんね(本当に万年生きるかは知りません)

PS.写真の亀の上に乗っかっているZIPPOは皮肉にも“ウサギ鍋にでも~”と心ない一言を言ったオジサンに10年位前に貰ったライターです・・・

2009年01月09日

THE 男のバカ料理!

%E3%81%A8%E3%82%8D%E3%82%8D.jpg


長らくお待たせ致しました。

あなたの、あなたの雫石デス!

まずは、あけましておめでとうございます!今年も宜しくお願い致します!

今まで長い事 「我が家のガラクタ」 シリーズを載せていましたが、そろそろ別なものもチョイチョイ書いてみようかと・・・。

今回紹介する商品は “トロロ” デス。

これは、ワタクシが作ったもので、我が家でこれを作るときは必ずワタクシしか作りません。

なぜなら、ウチの嫁はトロロ(山芋)が肌に触れるとスグにブツブツが出来てしまうという理由と、ワタクシが実家に居た時、ウチの母上がたまに作ってくれたものだからデス。

嫁は山芋アレルギーってヤツですな・・・食べる分には平気なんですけどね

作り方はと~っても簡単で、まず用意する食材は

山芋、大葉、かつお梅(梅干)

だけです。

しかも、全てみじん切りにするだけです。モチロンの事ながらとろろの皮は剥いて下さい。

みじん切りというのが“ミソ”で、トロロをすらずにみじん切りにする事で食感がとても良いデス。

食べる時は醤油をお好みの量かけて、よくかき混ぜて、あとは温かいゴハンの上に乗せて食べるだけ

これだけで何杯でもゴハンがいけちゃう感じですね!

ただ、ここでよ~く写真を見て頂ければわかると思うのですが、ワタクシの作ったトロロの“量”

ハイ、ワタクシちょうど良い量ってものが作れません・・・・

見ての通りボウル一杯のトロロちゃん・・・

我が家はワタクシと嫁の2人暮らしなのですが、何日間トロロを食えばいいのだろうか・・・

嫁は「美味しいからイイんじゃない?」と言ってくれますが、いくら美味しくてもさすがに飽きますね

それと、我が家ではカレーとビーフシチューも必ずワタクシが作ります。

ワタクシが作った方が美味しいから作ります。

イヤ、ほぼ自己満足の為に作ります。

コレもまた優しい嫁は「美味しい」と言って食べてくれます。

量はそうですね~買ってくる“ルウ”の感じからいくと・・・・

ざっと30人前位でしょうか・・・・。ずん胴の鍋にこぼれんばかりにタプタプと・・・

カレーやビーフシチューを作ったときもこれまた何日もかけて食べ尽くします

男の作るタップリのバカ料理、ここぞとばかりに腕を振るい、迷惑なまでの量・・・

タップリ作ることでスゴイものを作ったと自己満足・・・

タチが悪いですよね~

でも、これからもワタクシは作り続けることでしょう

“THE 男のバカ料理”

バカ料理バンザ~イ!!